Japan 3-1 Denmark
2010年 06月 25日
感無量。

FIFAのサイト
”Japan made history by reaching the Round of 16 for the first time on foreign soil, eliminating Denmark in the process with a 3-1 win in Rustenburg.”

Sportsnaviでの宇都宮徹壱さんのコラム
”とはいえ、試合から一夜明けた1日だけは、この勝利の余韻に浸っていてもよいだろう。私は今、この原稿を執筆しながら、遠い日本のことを想像している。今ごろ自他ともに認めるサッカーファンのあなたは、眠い目をこすりながら学校や職場に向かっていることだろう。そしてクラスメートや同僚から「日本、すげえな!」とか「本田って、なんであんなキックが蹴れるの?」といった賞賛やら質問やらを一度に浴びせられて戸惑っていることだろう。そして、ほんの1カ月前までは「日本、弱いね」とか「何でオカチャンが監督なの?」といったことを平然と口にしていた連中が、手のひらを返して浮かれていることに、きっとあなたはにこやかに対応しつつ、心の中では舌打ちをしていることだろう。そんな状況にいるあなたが、今の私にはとてつもなくうらやましい。”

30年前、観客が百人単位だった日本リーグ。辛口評論家で知られるセルジオ越後はこのころ、コカコーラがスポンサードしていたサッカー教室で日本全国を行脚していた(僕も3回か4回そのサッカー教室に参加したことがある)。

18年前、プロサッカーリーグ、Jリーグの開幕、Jリーグバブル(その数年後、サッカー人気は大きく後退)。

17年前、ドーハの悲劇、その時岡田監督はTV中継の解説者で、試合終了直後、生放送の番組中にもかかわらずスタジオで号泣。

13年前、成績不振により加茂監督がクビ、アシスタントコーチだった岡田監督が緊急登板。ジョホールバルの歓喜、中田の登場。当時NHKアナウンサーだった山本浩氏の延長戦前のコメント「このピッチの上、円陣を組んで、今、散った日本代表は、私たちにとっては『彼ら』ではありません。これは、私たちそのものです」

8年前、日韓ワールドカップ、トルシエジャパンが16強。

4年前、ドイツワールドカップ、史上最強メンバーだったはずのジーコジャパンが1分2敗で敗退。そしてオシムが監督に。

3年前、オシムが倒れ、岡田監督がまたしても緊急登板。前回の緊急登板からちょうど10年。

今年、日本代表が地元開催以外のワールドカップで16強進出。

日本サッカーはここまで来ました。
サッカーがまだまだマイナーだった時期からのサッカーファンのみなさん、今日は、祝杯をあげましょう。


気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education, check Sydney weather at weatherzone
you need books ! at KINOKUNIYA BOOK STORES OF AUSTRALIA in Sydney
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, Ten News
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
[PR]
by manakano1972 | 2010-06-25 18:04 | サッカー社会学 | Comments(4)
Commented by miya at 2010-06-25 18:40 x
Nさん
今回のワールドカップは本当に面白いですね。しかもマスコミの対応がそのままチームに影響を与えている国もあれば、チームメートを信じて、そして監督・スタッフを信じて...個人的な利益よりもチームと国家のために戦っている姿が私には清々しく感じております。苦しい時ほど自分を信じて努力を積み重ねて行かなければならない姿勢に、様々な方々が自分の人生とリンクできるところがあると感じているはずです。 まだまだ、目が離せない...毎日SBS付きっ放しです..。ニュースもあるしね...一応補足的にに。
PS: Sant/Sam/Edy CUP FEVERでしたっけ..SBSのサッカーに関する3人のトーク番組がメチャメチャ面白く、ハマっています。笑
Commented by kosz at 2010-06-26 01:20 x
Nさん
嬉しいですね~。miyaさんが書いているように、スポーツは人生と同じように、山あり谷あり。世間から注目されなくても、こつこつと続けてきた人、そしてその人をサポートしてきた人、先人のこういう努力があって、初めて少し結果が出た、ということだと思っています。マスコミも浮かれて、今の代表を持ちあげるだけではなく、過去の人の努力、こういう人は、もし環境が整っていたら、今の代表以上の結果を出したかもしれないわけですし、そのあたりをしっかり新しいファンに伝えていってもらいたいと思います。
でも、SeattleではICHIROが、まさに孤軍奮闘…。彼も優勝させてあげたいですね。
Commented by nino at 2010-07-12 03:22 x
こんばんはやっと今学年の試験が終了しての訪問です^^
7月、たぶん今頃は論文の追い込みで忙しいんでしょうね。
イギリスでマスターにいる大阪の友人もがんばってるで~
っとメールありました。海外での一歩一歩の努力、見えない
ようで見える結果にお互いつなげていきましょうね。それでは
身体にお気をつけて。
Commented by manakano1972 at 2010-07-21 19:03
Nです。
みなさん、いただいたコメントすっかり放置してしまってすいません。
僕としてはワールドカップを僕の中でまとめるようなエントリを書きたいと思っているんですが、なかなか進まず・・・。
すんませんです。しかしスペインが優勝したのはよかった。オシム監督も、インテルみたいながちがちのチームが優勝しなくてよかった、と言ってたようです。

ninoさん、コメント放置しててすいませんでした。
ninoさんはアメリカですよね?ちょっと相談させていただきたいことがあるんですが、別途、そちらのブログにも書かせていただきたいと思います。
<< 長い中断すいません。 Japan 0-1 Nethe... >>