38歳の地図
2010年 10月 27日
こんばんは、Nです。

論文でなんであんなに苦戦したのか、とか、留学から2年たって思う自分自身の英語力のこととか、学生ビザを延長したときの苦労話とか、いくつかこのブログに書きたい話があるのですが、なんだかこまごまとしたことでまだバタバタしているせいで、なかなか書ききれません。
忙しいというほどではないのですがそれなりにすることがあったりして、あとはもともとの自分のtime managementの下手さもあって。

しかし、オーストラリアに来て2年と3ヶ月が過ぎたことになりますが、自分の英語力の伸び悩みには泣けてきます。ということで、今感じている自分自身の英語力のことについてちょっと書こうと思います。もちろん2年前に比べれば格段に上達しているのでしょうが、自分の現在のレベルと到達したいレベル(2年たって到達したいと漠然と思っていたレベル)のあいだにある大きなギャップに悩む日々を送っています。まあ、単純に努力が足りなかったのでしょうから、すべては自業自得なわけですが。
思えば初めてIELTSを受けたのが36歳の誕生日の前日で、このとき他のスコアは軒並み5.5から6.0だったのにspeakingだけなんと7.0を取ってしまいました。当時の僕は逆にreadingが非常に苦手で(このとき5.5)、語学学校の先生からは、日本人としては非常にめずらしいパターンだ、と、ほめられているのかなんなのかよくわからないコメントをもらったのを覚えています。その後、speakingの7.0なんてスコアは吹けば飛んでしまうような大したことのないものだということを大学院の授業が始まってから知るのですが・・・。

僕の英語はもともと半分ぐらいがいわばbody languageでして、こういっては変な話ですが“単語を知らなくてもある程度コミュニケーションできる”という、なんの能力なのか良くわからないコミュニケーション能力を備えていたようで、「英語が上達しなくてもそれなりにコミュニケーションできる」ことでその場その場をしのいできてしまったのかもしれません。そして今、そんな場当たり的な対応ではにっちもさっちも行かないという状況に遭遇することが多くなってしまいました。まあ、そんな英語力はしょせん海外旅行で困らないという程度だったということでしょう。

日本でサラリーマンをしていたころは、まわりの友人たちと比べると僕はどちらかというと英語はできるほうだったので、時々友人や後輩からアドヴァイスを求められることがありました。英語が上達するためのコツは何か?と聞かれるたびに「“英語を話すのが恥ずかしい”と感じてしまう心理状態から早く脱すること」「下手でも恥ずかしがらずに話すこと」と答えてきました。皮肉なことに、留学から2年たって、ネイティブの中にいるときや日本人も交えた多くの国籍の人たちと話すときに、英語が下手な自分を強烈に恥ずかしく思っている自分、ネイティブの中で英語を話すことを恥ずかしがってしまっている自分がいることに気づくことが最近多くなりました。当然、英語力は急には伸びませんから、また少しずつ少しずつ、人とのコミュニケーションのなかで上達させていくしかありません。それでも、僕らしい、friendlyな、決して乱暴でない、そしてできれば丁寧な、決して若者のようになれなれしくし過ぎることのない、そんな言葉を獲得していきたいと思っています。

僕が住んでいる家には、中国人が2人、イギリス人とドイツ人が1人ずつ、そして日本人が1人(僕)と5人が住んでいますが、UTSでenginneringの助教をやっている中国人と最近キッチンでそんな英語の話になって、彼は「中国からシドニーに来て7年になるが、込み入った仕事の話を考えるときは今でもまだ中国語で考えている、7年たってもこうだ。それでも面接やプレゼンテーションを乗り切らなきゃならない。そのためには、十分な準備をする以外に方法はない」と言っていました。まさに僕が最近悩んでいたことそのものズバリだったので、目からうろこが落ちるような思いでその話を聞きました。「それでもがんばる」それ以外にないんだなぁ、と。

さて、シドニーに留学してから3度目の誕生日を迎えました。一部の人たちには「イェーイ、28歳!」なんて言っているのですが、なんと38歳になってしまいました。大台まであと2年。とある友人からは“まだ2年!”と言われました。仕事に忙殺される日々の中で漠然と留学を考え始めたのが33歳、実際に会社を辞めて留学計画を実行に移したのが35歳。そのときはまだまだ時間はあるような気がしていましたが、留学も終盤を迎えて年齢も38歳となり、人生の折り返し地点をすでに通過したということに今更気づいている今日この頃です。

” 17のしゃがれたブルースを聴きながら
  夢見がちなオレはセンチなため息をついている ”


それから21年経ってしまった今でも、夢見がちでセンチなため息をついています。
しかしながら、いいかげん夢見がちでセンチなため息をついている場合でもなくなってきたので、そろそろ、いろんなもの、大事なもの、を見据えていかなければならないと感じています。

尾崎豊の“十七歳の地図”という歌をはじめて聴いたのは14、5歳だったはずですが、このとき、自由に生きる、なにものにも縛られない、といった彼のメッセージに強烈に心を揺さぶられたのですが、20年以上たって今、果たして自分の生きかたはどうなんだろか?もし日本に帰っても”自分は自分だ”と声を大にして言えるのだろうか?なんてことがふと頭をよぎったりして・・・。

・・・ま、いっか。ビール飲んでこようっと!
それでは、また。

下は、物理学科の反対側にある教育学部のビルの間から、物理学科を向いて撮ったものです。
b0147248_11445622.jpg


気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓子どもブログランキングへ

special thanks to Chic Education, check Sydney weather at weatherzone
you need books ! at KINOKUNIYA BOOK STORES OF AUSTRALIA in Sydney
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, Ten News
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
[PR]
by manakano1972 | 2010-10-27 23:30 | ”17歳の地図”からの距離 | Comments(8)
Commented by kosz at 2010-10-30 15:06 x
英語の話はさておき…(笑)、写真いいですね。なかなか面白いアングルで。お互いSydneyでの残り時間は少なくなってきましたが、またBeer飲みに行きましょう!
Commented by Naomi at 2010-10-31 02:52 x
誕生日おめでとうございました笑
ああ、なつかしの我がオフィス!!!あそこに戻りたくはないけれど、こうやって見てみると、感慨深いものがありますね。
こうやって時はあっという間に流れていくんだと思いますけど、でも確実に何かを得て前に進んでいると信じています。がんばってくださいね☆
Commented by kay at 2010-11-01 15:14 x
はじめまして。私も35歳で会社を辞めて2008年からシドニーに留学して2年になります。同じ72年生まれなので勝手に親近感もちながら一気に読んでしまいました。
無事留学期間終えて年明けには帰国する予定です。Nさんもそろそろ帰国する頃でしょうか。
Glebe(というかBroadway shopping center)にはよく行くのでもしかしたらどこかですれ違っているかもしれませんね^^
Commented by manakano1972 at 2010-11-01 22:13
Nです。
Koszさん、そうなんです、物理の棟の正面入り口が、ちょうどあの教育学部の棟の間だってことに気づいたんですよ。それからBeer、そうですね、あびるように飲みましょう(笑)。

Naomiさん
久しぶりです、元気ですか?ナイスリアクションありがとうございます。なつかしいでしょう?そちらはお仕事も始まってお忙しいでしょうが、がんばってください。

Kayさん
コメントありがとうございます。同い年ですか。同い年は、ホリエモン、飯島愛、マツコデラックスなどなど、お笑いも花の47年組がありますし、なかなか濃いメンツですよね。
Colesなどですれちがっているのかもしれませんねー。
Commented by オーストラリア留学の窓 at 2010-11-02 07:14 x
もう2年過ぎたんですね。早いな~!!英語の話とても共感させられました。わたしはディズニーで働いていますが、
仕事柄英語対応があります。そんな時うまく対応できないと必ず後で調べてデーターとして残すようにしています。
それをipotに落とし込み(吹き込み)通勤じ何度も聞くようにしています。でもまだまだ自信がなくこのセンテンスで
大丈夫かなと思う事が多いいです。こんな記事を留学生後輩に読んで頂きたいと思います。トピックスで紹介しています。
よかったら記事を紹介させて頂けないでしょうか?ご協力よろしくお願い致します。
Commented by manakano1972 at 2010-11-02 10:20
Blog ownerのNです。
オーストラリア留学の窓さん、コメントいただきありがとうございます。
そちらのサイトへは以前このブログを登録させていただいたような気がします。
僕の今回の記事で、留学を希望している人が「留学して2年たっても英語が上手くならないのか」と思ってしまうと逆効果のような気がしますが(笑)、こんな記事でよければ紹介していただいてかまいません。
どちらに返信してよいのかわからなかったので、自分のブログのコメント欄に書かせていただきました。
Commented at 2010-11-04 17:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-06-18 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< Melbourne Cup 2010 夏休みの宿題を8月31日にする男 >>