カテゴリ:”17歳の地図”からの距離( 4 )
38歳の地図
2010年 10月 27日
こんばんは、Nです。

論文でなんであんなに苦戦したのか、とか、留学から2年たって思う自分自身の英語力のこととか、学生ビザを延長したときの苦労話とか、いくつかこのブログに書きたい話があるのですが、なんだかこまごまとしたことでまだバタバタしているせいで、なかなか書ききれません。
忙しいというほどではないのですがそれなりにすることがあったりして、あとはもともとの自分のtime managementの下手さもあって。

しかし、オーストラリアに来て2年と3ヶ月が過ぎたことになりますが、自分の英語力の伸び悩みには泣けてきます。ということで、今感じている自分自身の英語力のことについてちょっと書こうと思います。もちろん2年前に比べれば格段に上達しているのでしょうが、自分の現在のレベルと到達したいレベル(2年たって到達したいと漠然と思っていたレベル)のあいだにある大きなギャップに悩む日々を送っています。まあ、単純に努力が足りなかったのでしょうから、すべては自業自得なわけですが。
思えば初めてIELTSを受けたのが36歳の誕生日の前日で、このとき他のスコアは軒並み5.5から6.0だったのにspeakingだけなんと7.0を取ってしまいました。当時の僕は逆にreadingが非常に苦手で(このとき5.5)、語学学校の先生からは、日本人としては非常にめずらしいパターンだ、と、ほめられているのかなんなのかよくわからないコメントをもらったのを覚えています。その後、speakingの7.0なんてスコアは吹けば飛んでしまうような大したことのないものだということを大学院の授業が始まってから知るのですが・・・。

僕の英語はもともと半分ぐらいがいわばbody languageでして、こういっては変な話ですが“単語を知らなくてもある程度コミュニケーションできる”という、なんの能力なのか良くわからないコミュニケーション能力を備えていたようで、「英語が上達しなくてもそれなりにコミュニケーションできる」ことでその場その場をしのいできてしまったのかもしれません。そして今、そんな場当たり的な対応ではにっちもさっちも行かないという状況に遭遇することが多くなってしまいました。まあ、そんな英語力はしょせん海外旅行で困らないという程度だったということでしょう。

日本でサラリーマンをしていたころは、まわりの友人たちと比べると僕はどちらかというと英語はできるほうだったので、時々友人や後輩からアドヴァイスを求められることがありました。英語が上達するためのコツは何か?と聞かれるたびに「“英語を話すのが恥ずかしい”と感じてしまう心理状態から早く脱すること」「下手でも恥ずかしがらずに話すこと」と答えてきました。皮肉なことに、留学から2年たって、ネイティブの中にいるときや日本人も交えた多くの国籍の人たちと話すときに、英語が下手な自分を強烈に恥ずかしく思っている自分、ネイティブの中で英語を話すことを恥ずかしがってしまっている自分がいることに気づくことが最近多くなりました。当然、英語力は急には伸びませんから、また少しずつ少しずつ、人とのコミュニケーションのなかで上達させていくしかありません。それでも、僕らしい、friendlyな、決して乱暴でない、そしてできれば丁寧な、決して若者のようになれなれしくし過ぎることのない、そんな言葉を獲得していきたいと思っています。

僕が住んでいる家には、中国人が2人、イギリス人とドイツ人が1人ずつ、そして日本人が1人(僕)と5人が住んでいますが、UTSでenginneringの助教をやっている中国人と最近キッチンでそんな英語の話になって、彼は「中国からシドニーに来て7年になるが、込み入った仕事の話を考えるときは今でもまだ中国語で考えている、7年たってもこうだ。それでも面接やプレゼンテーションを乗り切らなきゃならない。そのためには、十分な準備をする以外に方法はない」と言っていました。まさに僕が最近悩んでいたことそのものズバリだったので、目からうろこが落ちるような思いでその話を聞きました。「それでもがんばる」それ以外にないんだなぁ、と。

さて、シドニーに留学してから3度目の誕生日を迎えました。一部の人たちには「イェーイ、28歳!」なんて言っているのですが、なんと38歳になってしまいました。大台まであと2年。とある友人からは“まだ2年!”と言われました。仕事に忙殺される日々の中で漠然と留学を考え始めたのが33歳、実際に会社を辞めて留学計画を実行に移したのが35歳。そのときはまだまだ時間はあるような気がしていましたが、留学も終盤を迎えて年齢も38歳となり、人生の折り返し地点をすでに通過したということに今更気づいている今日この頃です。

” 17のしゃがれたブルースを聴きながら
  夢見がちなオレはセンチなため息をついている ”


それから21年経ってしまった今でも、夢見がちでセンチなため息をついています。
しかしながら、いいかげん夢見がちでセンチなため息をついている場合でもなくなってきたので、そろそろ、いろんなもの、大事なもの、を見据えていかなければならないと感じています。

尾崎豊の“十七歳の地図”という歌をはじめて聴いたのは14、5歳だったはずですが、このとき、自由に生きる、なにものにも縛られない、といった彼のメッセージに強烈に心を揺さぶられたのですが、20年以上たって今、果たして自分の生きかたはどうなんだろか?もし日本に帰っても”自分は自分だ”と声を大にして言えるのだろうか?なんてことがふと頭をよぎったりして・・・。

・・・ま、いっか。ビール飲んでこようっと!
それでは、また。

下は、物理学科の反対側にある教育学部のビルの間から、物理学科を向いて撮ったものです。
b0147248_11445622.jpg


気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓子どもブログランキングへ

special thanks to Chic Education, check Sydney weather at weatherzone
you need books ! at KINOKUNIYA BOOK STORES OF AUSTRALIA in Sydney
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, Ten News
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
[PR]
by manakano1972 | 2010-10-27 23:30 | ”17歳の地図”からの距離 | Comments(8)
37歳の地図
2009年 10月 27日
こんばんは、Nです。
今週は、2nd semesterの13週目、つまり講義の最終週でして、5000wordsのエッセイを含めて今週締め切りのassignmentが3つもあり、死にかけているところです。別にもうひとつ先週末提出のものもあったので、先週、先々週あたりからはもうずっとassignmentのことしか考えていないような状態です。

さて、そんな中、今年もひとつ歳をとりました。というわけで、このブログのタイトルを”37歳の地図”に改めました。

このブログを始めた時は35歳だったのでブログのタイトルも”35歳の地図”だったのですが、ついにプラス2になってしまいました。日本ではアラフォーというんでしょうか。
ときどきふと、あと2年か3年早く日本を出ていれば、もうちょっとその後の選択肢も広かったのかなー、なんて思うことがあります。しかしながら、2年前、3年前は前の会社でアメリカ出張が多かった時期で、このときの経験が留学への強いモチベーションとなったことは事実なので、まあちょっと時間がかかってしまいましたが、どれも必要だった経験で、どれも省略することはできなかったのかな、と思います。

” 17のしゃがれたブルースを聴きながら
  夢見がちなオレはセンチなため息をついている ”

それから20年経ってしまった今でも、
夢見がちでセンチなため息をついています。

このブログをシドニーで読んでいらっしゃるかた、他の留学先で読んでいらっしゃるかた、これから留学しようと思って読んでいらっしゃるかた、「こいついい歳してよくやるなぁ」と思いながら日本で読んでいらっしゃるかた、いろいろいらっしゃるかと思いますが、そんな皆さん、こんばんは。いつも読んでいただいてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

もともとは、僕自身がオーストラリアの大学院へ留学を考え始めた時に情報が少なかったため(オーストラリアのワーキングホリデーや語学学校の情報はわりと見つけやすいのですが、大学院の情報や大学院生のブログは少ないと当時感じたので)、他のかたの参考になればと思って割とoutputを意識して書き始めたブログでしたが、ブログのコメント欄に励まされ、またこのブログを介して連絡をいただいて知り合いになったかたがいたりして、いまや自分自身のinputのチャンネルのひとつとして欠くことのできないものになりました。それでもいつかは(たぶん修士を修了するときかな)自分の留学経験を総括してからこのブログも終了することになるかと思いますが、それまでまだもうちょっと、いろいろ書いていきますので、これからもよろしくお願いします。

思えば昨年の誕生日は初めてIELTSを受けたりしていました(正確には誕生日の前日ですが)。まあそこから考えれば、山あり谷あり、まだ道半ばですが、まあなんとかよく頑張ってきたのかもしれないなぁ、なんて思っています。しかし足元を見れば、今週いっぱいの宿題と来月からの試験があるので相変わらず追い込まれていることには変わりないので、あまり感傷に浸っている場合でもないのですが。

下の写真は、先日提出した宿題です。僕はプリンターを持っていないので、図書館やschool of physicsへ行ってからプリントアウトしなければならないのですが、写真はFisher LibraryのPCのエリア。宿題は必ず学科指定の表紙に名前や科目名などを書いてから、Student Officeに提出しなければなりません。このところ、正直、宿題のことばかり考えて生きているわけですが、つまらん人生かもしれませんが、でも今やるべきはこれだよなぁ、と思いつつ。

b0147248_21211579.jpg


それから、下記は、今日クラスメイトが作ってきてくれたケーキ(もう半分以上食べちゃって無くなっている状態)と、クラスメイトがくれたbirthday card。まさかこの年になって学校で誕生日を祝われるとは思っていなかったので、びっくりした。しかもこの忙しい学期末にケーキとか作ってくれた友人に感謝。

b0147248_21154575.jpg


最近はあまり専門の勉強のことを書いていませんが、いろいろ苦境を脱したら書こうと思っています。
では、また。

気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, Ten News
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-10-27 21:22 | ”17歳の地図”からの距離 | Comments(9)
36歳の地図
2008年 10月 26日
今シドニーはサマータイムなので、日本時間+2時間になります。
というわけで、2時間早く36歳になりました。
今日は同居人の九州男児と、僕の前にここの部屋に住んでいた人が、一日早く誕生日を祝ってくれました。

というわけで、このブログのタイトルも”36歳の地図”に改めました。

” 17のしゃがれたブルースを聴きながら
  夢見がちなオレはセンチなため息をついている ”
倍にしてさらにプラス2した今でも、
夢見がちでセンチなため息をついています。

このブログを読んでいただいている皆さん、こんばんは。
初めて見たかたは、はじめまして。
36歳にして学生をやっているNです。
36歳になりましたがまだまだ手探りの人生は続きます。
心境としては、怖いのが半分、楽しいのが半分です。
今日は知り合いの人に「お前の人生はジプシーだな」と言われました。
ジプシーな人生、・・・悪くないですね。

昨日は初めてのIELTSを受けました。
まあ普段通りの出来だったと思っていますが、だとすると多分ほしいスコアには
届かないはずなので、もうしばらく頑張らなければなりません。

では、おやすみなさい。

special thanks to Chic Education
special thanks to AGOS
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2008-10-26 22:57 | ”17歳の地図”からの距離 | Comments(3)
35歳の地図
2008年 06月 17日
~ 17のしゃがれたブルースを聴きながら
  夢見がちなオレはセンチな溜息をついている ~

さらに倍してプラス1の35歳になった今もまだ
夢見がちでセンチな溜息をついています。
日ごろお世話になっている方も、はじめましてのかたも、どうもこんにちは。
35歳にして脱サラ、学生になろうとしているNです。

もうあと何ヶ月かしたら36歳になっちゃうんですが、
なにを血迷ったか、この歳で学生になることに決めました。
結婚もせず親に孫の顔も見せられないなか
ついに無職となるという、これはもう親不孝街道まっしぐらです。
成り上がるか、それとも志半ばにして帰国してニートになるか、
はたまた彼の国で力尽き帰らぬ人となるか、
人生最大の無茶が始まります。

このブログでは留学をする決断、準備、渡航後と留学に関すること、
それから留学に関係ないことも含めて書いていければいいなぁ、
と思っています。

special thanks to Chic Education
special thanks to AGOS
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
[PR]
by manakano1972 | 2008-06-17 00:40 | ”17歳の地図”からの距離 | Comments(0)