カテゴリ:その他の留学ネタ( 6 )
my friend's farewell lunch
2010年 07月 21日
こんばんは、Nです。
今週はシドニーに戻っています。

このブログに散々書いていたワールドカップのこと、それから日本に帰った理由などを書いてUPしたいと思っているんですが、論文が進んでいないことに対する罪悪感からなかなか筆が進みません。かといって論文も進んでいないところが泣けるのですが(苦笑)。

さて、University of Sydneyは来週から新学期が始まるようです。今週はいろんな場所でオリエンテーションが行われているようで、恐らく新入生と思われる人たちがきょろきょろしながらキャンパス内を歩いていきます。来週からは大学内のカフェテリアも、良く行くカフェも、それからNewtownのタイレストランも、また混雑が戻ってくることでしょう。この1ヶ月間は人が少なかったのであまり時間を気にすることなく利用していましたが、これからはちょっと時間をずらさないとどこも混んでしまいそうです。

僕はというと、9日間の緊急帰国(親戚に不幸がありました)、それから僕と入れ違いでsupervisorの先生がアメリカの学会へ行ってそのまま休暇に入るので2週間の不在、ということで合計3週間以上のロスが生じてしまうことから、special considerationを申請して卒業論文の提出期限を8月末にしてもらいました。special considerationの申請、とはいっても、course coordinatorの先生の部屋にいって事情を話しただけで「あ、そう、じゃあいいわよ。8月末ね」とあっさりOK。

University of Sydneyに限らずオーストラリアではspecial considerationはわりと簡単に許可が出るようです。例えばテスト期間中にえらく風邪をひいたとか(もちろんこの場合は診断書のようなものが必要なはずです)、テスト期間中に住んでいるアパートの部屋のことでもめたとか、そういうちょっとしたことでも割とOKが出ます。昨年は新型インフルエンザの流行で申請した人もいたようですし(大学からも、そういう場合は申請せよ、とメールが来ていたと思います)、あるクラスメイトは奥さんの出産がexam weekと重なってspecial considerationを申請していました。

6月に1st semesterが終わり、7月最終週から2nd semesterが始まる、ということで、この時期は当然ちょっとした人の移動があるわけです。
僕の友人の一人、下の写真の一番右に写っているシンガポール人のThomasも今回シドニーを去るため(2ヶ月後に一時的に戻ってくるようですが)、出発の前日にCityのタイレストランでランチをしてきました。彼はその体格が物語るように柔道部なのですが、なんと、それとともに写真同好会(PhotoSoc)にも入っていて、その腕前はプロ級。写真同好会で英語が下手すぎて挙動不審だった僕に、真ん中に写っているMinとともにとても親切にしてくれました。彼らにとって僕はone of themなのでしょうが、僕にとって彼らは忘れられない友人となると思います。カメラの扱い、レンズのこと、写真の構図のことなどたくさんのことを教えてくれて、さらに将来のことやシンガポールの話など、話は尽きませんでした。僕が日本人なので、日本人なら柔道だろ、柔道部に入れ、とわけのわからない勧誘もされましたが(笑、僕には絶対に無理!)、写真を撮りながら歩いていて「柔道は、単に強いか弱いかだけではなく、そこにある精神性こそが大事なんだと思う。でもここの柔道部はみんな強いか弱いかということにばかりフォーカスしすぎる」と彼がこぼしていたのがとても印象的で、シンガポール人ではありますがそこに日本人を見てしまいました。感心して聞いていると、途中からまた「日本人なら柔道だろ、柔道部に入れ」と始まってしまうのですが、知りあってしばらくして僕も下手なりに英語でコミュニケーションするようになって、ただの酔っ払いだということがバレてからはあまり柔道部には誘われなくなりました(笑)。
b0147248_181426100.jpg


いろんな国の友人ができる。
こんなセリフは留学を語る上でもう聞き飽きたというぐらいに聞くセリフですが、それでも、とても重要なファクターであることには間違いありません。どっかのカードのCMではないですが、pricelessでしょう。


気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education, check Sydney weather at weatherzone
you need books ! at KINOKUNIYA BOOK STORES OF AUSTRALIA in Sydney
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, Ten News
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
[PR]
by manakano1972 | 2010-07-21 18:27 | その他の留学ネタ | Comments(2)
exam week、留学先で出会う日本人
2009年 11月 12日
どうも、Nです。
今週と来週は期末試験です。
イマイチ勉強意欲が盛り上がってこないんで集中力に欠けるんですが、まあなんとかやっています。
今日は二つ目のテストが終わったんですが、次のテストは来週なので一息ついているところです。

僕は1st semesterも2nd semesterも4科目ずつ履修しています。
他の人の話を聞いていても、やはりだいたいみんなひとつのセメスターに4科目とっているようです。コースワークの大学院生だと4科目なら3時間の講義が週に4つとなりますが(ひょっとすると文系と理系で違うかもしれません)、学部生だと1時間半?か2時間?の講義が週に4つと、それぞれの科目についてTutorialという時間が1時間あるようです。僕は学部生ではないので詳しくは知りませんが、Tutorialとは、文系ならディスカッションやプレゼンテーション、理系なら演習(実際に計算したり問題を解いたりする)の時間と思われます。

成績の評価方法も学科や科目によって異なるようです。
人によっては、”3科目はassingment(宿題、提出課題)によって成績がつく、もうひとつはテストがある”とか、”テストはなく、全部の科目がassignmentによって評価される”とか、いろいろあるようです。僕は全部がassignmentによって評価されればいいのになぁー、と思ってしまいます。というのも、assignmentを自分でやるときはインターネットも辞書も使い放題で、あとはどんだけその課題に時間をかけられるか、によりますからね。辞書が使えるというのは大きいです。この間提出した5000 wordsのエッセイ(作文)もひーひー言いながらやったわけですが、それでもテストよりはましです。それに、いろいろと留学生から話を聞いていると、やはりテストで評価される科目は成績が低めに出ている傾向があるようです。特に英語が苦手な東アジアからの留学生には不利に働いているような気もします(というのは僕自身の愚痴も込めて(笑))。

僕らのようなinternational studentsは、テストで、i)内容を理解しているか?という点を問われるのと同時に、ii)理解した内容を英語で答案用紙に表現できるか?という壁にも直面します。いくら語学学校で勉強して英語の試験をクリアしたとはいえ、(すくなくとも僕にとっては)ii)のハードルは依然として高く、”あーぁ、日本語だったらもっと上手くいくのになぁ!”という元も子もないようなボヤキを思わずこぼしてしまいます。それじゃあ留学になんないじゃん!と自分でツッコミつつ。

僕が履修している4科目は全て
  Formal Assessment
   Assignments 30 %
   End of semester examination 70 %
ということで、不幸なことに4科目全部テストがあります。しかも、散々苦労した5000 wordsのエッセイは全体の15%でしかありません(涙)(その科目のassignmentは全部で二つだったので)。

僕の学科の場合、テストは、9時から12時10分まで。
最初の10分は、問題を読む時間。答案用紙に名前と学生番号を書いたら、そのあとはペンを持ってはいけないようです。
その後、9時10分からみっちり3時間で解答する。3時間と長丁場ですが、テストの範囲も幅広いので、困ったことにばっちり3時間かかります。途中、トイレに立つのは自由ですが、一言試験官に断ってから。

まあそんなこんなで、あと2つ試験が残っているという状態です。

話はがらっと変わりますが、友人の某M氏が日本へ帰ってしまいました。
彼は語学学校が同じところだったのですが、お互いにビール好きで、さらにサッカーが好きということで、とても仲良くしてもらいました。毎週木曜日のfutsalに誘ってくれたのも彼でした。
彼は大変にさっぱりとした性格のさわやかなスポーツマンで、今まで僕の周りにはあまりいないタイプの人でした。学生時代はずっとサッカー部ひとすじのバリバリの体育会系。初めて一緒にビールを飲んだのはGlebe Point Rd.のABホテルというパブで、なんと昼の2時から6時ごろまでがっつり飲みました。僕が用事があったので6時過ぎにパブを出て、Broadwayまで歩いてから別れたのですが、「じゃ」と言って別れた直後、ちょっと離れたところから「Nさん、今日は、あっざーーす」と大声であいさつされたときはちょっとびっくりしてしまいました。

僕が日本で会社員をやっていたころは、なかなか知り合う人も限られていました。いつも顔を合わせる会社の同僚や先輩後輩、会社の他部門の人たち、それから大学時代の友人など。会社の他部門の人や、仕事先で知り合ったかたなどで気が合う人を見つけられたときはそれは嬉しくて、ビールを飲みながらお互いの職場の話や仕事の話などなど、いろいろ興味深い話を聞くことができました。それでも、なかなか業界を超えて知り合うことはありませんでした。
しかしこうやって今オーストラリアに留学していて、日本にいるときには知り合う機会がなかった人たちと知り合うことができる、というのは本当に大きな留学のメリットのひとつだなぁ、と思っています。もちろん、失礼な若い日本人にイライラさせられたりガッカリさせられたりすることも少なからず起こるわけですが。

某M氏の話に戻りますが、先週の木曜日にfutsalがあってから、彼は翌日の朝の飛行機で日本へ帰りました。出発前日の木曜日はビールを飲みながらまたサッカー談議をしましたが、そのなかでふと「あれ、言ってませんでしたっけ?」なんていいながら、彼が若かったころに経験した大きな挫折の話を教えてくれました。それは恐らくとても悔しくて歯ぎしりしながら過ごしたのだろうと思われる日々の話を、彼はビール片手に軽~く笑顔で語っていました。彼のいつも”笑顔で全力投球”、そしてネバーギブアップな生き方の裏に、(本人は明るく語っていましたが、恐らく)とても大きな挫折といいますか苦労があったということを知りました。

そのM氏は日本へ帰って奥さんの出産に立ち会い、また時期を改めてオーストラリアに留学するそうです。Sydney Uniではないそうですが、すでに複数の大学からConditional Offerを受けているとのことでした。
ビールを片手にいろいろな話をしながら、この人はただものではないぞと感じさせるものがありました。あんなふうに気合とビジョンと両方持っている人がキャリアアップするために留学があるんだなぁ、そんな人と偶然から仲良くなったりすることができるのが留学の魅力だなぁ、と思ってしまいました。

お子さんの誕生おめでとうございます。それから、留学を含めて今後の成功をお祈りしております。
(酒の席での話をちょっと書いてしまいましたがすいません。)

では、僕のほうはテスト勉強は一休みで、M氏に誘ってもらって始めたfutsalへ行ってきます。

気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, Ten News
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-11-12 14:47 | その他の留学ネタ | Comments(2)
ブログの紹介
2009年 08月 24日
Nです。
以前に見つけて時々読んでいたのですが、MITへ留学されているLilacさんというかたのMy life in MIT Sloanというブログが大変興味深いので下記にリンクを貼ります。

利根川進に会ってきた

ぐだぐだやってる場合ではない、気合入れてがんばらなあかんなぁ、と感じつつ。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-08-24 09:17 | その他の留学ネタ | Comments(0)
「オハイオの大学院で研究する日々を綴る」というブログ
2009年 08月 12日
こんにちは、Nです。
私が定期的に読んでいた”オハイオの大学院で研究する日々を綴る”というブログが終了してしまいました。こちらのブログのichishojiさんにはいろいろアドヴァイスもいただいたのですが、ブログがいったん終了ということでちょっと残念というか淋しい気持ちです。

終了とはいっても、新規書き込みがなくなるだけで、ブログ自体はこれからも読めますので、留学を考えていらっしゃる方、特にPhD取得を考えていらっしゃる方にはぜひご一読をお勧めいたします。

[留学]私のアメリカ大学院留学─総集編(1)

[留学]私のアメリカ大学院留学─総集編(2)

[留学]私のアメリカ大学院留学─総集編(3)


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-08-12 12:04 | その他の留学ネタ | Comments(0)
条件付き合格、語学学校の参加期間などについて
2009年 04月 22日
University of Sydney出願にあたっての、条件付き合格、語学学校の参加期間などについてコメントする機会がありました。他のかたの参考になるかもしれないので、個人的な記述を削除し文章を変更してこちらにもUPします。

(1)条件付き合格について

条件付き合格(conditional offer)とは、志願者が英語以外の他の必要条件を全て満たしていると認められた場合に、語学学校に入ることを「条件」として出された合格です。でもこれは仮の合格なので、籍が保障されるわけではないようです。極めてまれなケースだと思いますが(語学学校で聞いた話)、ある時点で英語力が基準に達したのに獣医学科に空きがなく、獣医学科への入学が半年先延ばしになってしまった、なんて話を聞きました。
ちなみに、語学学校に入っても、語学学校の途中でIELTSを受けるか、最後に大学独自の英語テストを受けなければなりません。大学独自の英語テストはe-testというのですが、この試験のみの一発勝負はみな怖いので、並行してIELTSも受けるわけです。e-testとIELTSはテストの形式は似ていますが、e-testのほうが内容は難しいと思います。

(2)IELTS、TOEFL iBTのスコアと、語学学校参加期間について

IELTSとTOEFLのスコア換算ですが、CETでの僕の友人のスコアとCET入学期間を聞いていると(あと自分のスコアも含めて)、だいたい

TOEFL70点 → IELTS5.5点 たぶん15 or 20週間のCET参加が必要と言われる
TOEFL80点 → IELTS6.0 たぶん5 or 10週間のCET参加が必要と言われる
TOEFL90点   IELTS6.5
TOEFL100点   IELTS7.0

おおざっぱにはこんな換算(評価)になりそうです。もちろん僕の感覚なので、かなり大雑把です。(実際の大学側の回答と差異が生じる可能性があります)
CETはコースが5週間単位で組まれているので、上記のように5週間単位での学校参加となります。

僕はTOEFL iBT 76点(R12, L25, S18, W21)で出願したのですが、リーティングが極端に低いため他の76点レベルの人よりはちょっと長く、25週間という語学学校必要期間が通知された、とエージェントさんが言っていました。25週間というのは、実際には2008年7月中旬に始まって、2009年2月上旬まで。ただし昨年(2008年)12月のテスト(20週間経過後にあたります)で合格できてしまったので、最後の5週間は語学学校をキャンセルしてもよいといわれました。(実際はキャンセルせずGASコースに参加しました。)
僕のCETでのクラスメイト達(みんな留学前はIELTS 5.5)はだいたい7月中旬から12月中旬までの20週間を要求された人が多かったようです。

できれば、渡航前に6.5点とってしまって、学校が始まる直前に5週間のGASコースに入る、というのが理想、というか安全ですよね。CETに入っても結局最後はIELTSかCET独自テストかどちらかにパスしないと入学許可は出ないわけですから。

正直なところ、語学学校でも最初の5週間ぐらいは先生が何を求めているのかなかなかつかめなくて、5週間過ぎたぐらいから、少しずつ手探り感が減ってきたというか、「先生が言ったことのうち、どこがわかってどこがわからなかったか」がわかるようになりました。なので、大学院のコースの前に短期間語学学校に入るのは、やはり助走として必要のような気がします。

(3)出願時期、大学からの回答が来るまでにどれぐらい待ったか

僕は、2008年3月下旬にエージェントさんから出願していただき、条件付き合格の返事が来たのが2008年5月最終週でした。25週間の語学学校を経なければならないことが書かれていましたが、僕は最悪でも次の年(2009年)の2月には大学院をスタートさせたかったのですが、そうなると2008年7月から語学学校を開始して2009年2月までで25週間というパターンしかハマらない、ということがわかりました。それで、7月に渡航するために、すぐに(2008年5月最終週)退職の意思を会社に伝えて、1か月後(6月末)に退職しました((笑)、1か月で辞めるのはかなり無茶でした)。

大学からの返事が来るまで2か月も待たされてかなりイライラしましたが、オーストラリアはだいたい出願後1か月~2か月は待たされるようです。特にgroup of 8という、日本の旧帝大みたいなもんなんだと思いますが、シドニー大学を含む有名な8大学は比較的レスポンスが遅いんだそうです。
ちなみに、その返事と同時に語学学校の参加期間も知らされるわけですが、とりあえず持っているスコアで早く出願してしまうようエージェントさんからは薦められました。その後のIELTS結果で語学学校の期間が短くなるということもあるようですし。

僕は会社が嫌になっていたのでどうしても辞めたくて、半年間の語学学校もあきらめて受け入れましたが、日本にいた時(出発前)は半年間の語学学校なんて長すぎてやってられん、と思っていたのでかなり葛藤がありました。。。

しかし、仕事をしながらIELTSやTOEFLの勉強をするというのはけっこうキツイので、僕は仕事と並行してやるよりも現地で語学学校に入ったほうが英語力をつけるためには近道なんじゃないかと思い、半年以上ありましたが語学学校に入ることを決めました。

ちなみにお世話になったエージェントさんはChic Educationさんです。僕の場合はメールや電話、郵便などのやりとりでしたが、いろいろ丁寧にご対応いただいて感謝しているので、特に依頼されていませんがこのブログからリンクさせていただいています。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, 同志社大学機能分子工学科 物理化学III, IV(伊吹和泰先生), EMAN物理学
my favorite dictionaries SPACE ALC
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-04-22 21:44 | その他の留学ネタ | Comments(6)
出発→到着
2008年 07月 17日
(updated 2008/07/23)

7月14日(月)
明日出発であるがパッキングがまだ全然進んでいない。
夜、月9ドラマのCHANGEを見ながらパッキング開始。キムタクってかっこいいなぁ。いい役者。とても僕と同じ1972年生まれの同じ蠍座とは思えない。
明日出発なんだけど、全然実感がない。
ちょうど2年ぐらい前の6月か7月に、ブラジルに負けたNAKATAが旅人宣言をしたが、明日から僕NAKANOも旅人になりますー。なんちって。

7月15日(火)
昨日は夜2時過ぎまでパッキング。今朝も7時前に起きてパッキングのつづき。いつもぐちゃぐちゃで、あー終わらない、と言いつつも最後はなんとかなっている、とは友人の香織嬢の談である。
その通りになって、家を出る15分ぐらい前にパッキング完了。
10:13の木更津駅発千葉駅行きの内房線各駅停車、その後11:00ごろ千葉駅発の快速エアポート成田にのって成田駅へ。成田行きはどの路線からも電車の接続が悪いが、しかも内房線からなのに、乗り換えが5分ぐらいで済んで、わりとスムーズに成田に到着。
成田では友人が待っていた。
出発の日は一人でひっそりと、ちょっと感傷にひたったりしながら出発するつもりだったが、まさか成田に見送りに行きたいと4人もの人に言われるとは思わなかったので、言われたときはかなり渋ったが結局みんなに来てもらった。結局5人も会社の友人が見送りに来てくれた。
彼らを待たせて、ルルとか正露丸とかムヒとか(木更津にいる間に”あせも”が出てしまった)、いつもの薬を買ってきた。
その後、見送りに来てくれたみんなと写真をとったが、あまり気乗りがしなかったので、たぶんそういう顔で写っているんだろうと思う。みんなに別れを告げてから出国手続きへ。
Korean Airを待つ間に、見送りに来てくれた友人へメール。
「すんません今日は来てもらってありがとうございました。では、人生のぶらり途中下車の旅に行ってきます。」
自分が進みたくて進む道ではあるが、しかし、やはり35歳という働き盛りというか、なんというか”いい歳”をして、会社生活から途中下車することは、なんとも言えない後ろめたさのような感情がある。その一方で、なりたかった”自由人”、”旅人”になれたといううれしさもあって、なんとも言えない複雑な心境である。

7月16日(水)
インチョン空港を出たのは夜の7時ぐらいだったと思う。Korean Airの機内食はあまり良くなかったが、夕食のビビンバだけはまあまあ美味かった。日本時間の11時前には寝たが、(日本時間の)3時ぐらいから朝の機内食が始まったようだった。僕はしつこく4時前ぐらいまで寝ていたが、4時(シドニーの5時)ごろに起きると、とたんに朝の機内食が来る。4時なんだから食欲なんて無いよ。と思いながら、フルーツとコーヒーだけ口にした。
朝6時ぐらいにSydney Kingsford Airportに到着。オーストラリアは荷物検査が非常にうるさいらしく、食べ物や土(靴などについている土)についてとてもうるさくチェックされると聞いていたが、僕はあっさり通過。以前にアメリカで狂牛病が出たときにビーフジャーキーを買ってきて、「なにも申告するものはありません」なんて言って通過したが、今回もそんな感じ。まいったな、ホテル到着は10時と連絡してあるが、これじゃあ朝の7時過ぎにはホテルに着いてしまう。まあ空港にいても何もなさそうなので、しょうがないからホテルへ移動することにした。シャトルバスのチケットはどこで買えばいいんですか?とたずねたカウンターがシャトルバスのチケット売り場で、そのままチケットを購入。シャトルバスは、ホテルの名前を言うとそのホテルの前で降ろしてくれるというシステムで、7時半ごろホテルに到着。時間は早いけど部屋は空いているということで入れてもらった。今日の予定は、携帯電話の入手と留学エージェント事務所でビザ変更やその他いろいろ相談。携帯電話の事務所は・・・なんと開くのが12時らしい。ちょっと寝ることにした。12時ごろに目覚め、あわてて起きて街へ。

シドニーの印象は、なんというか、アジア人が多いイギリスの町という感じ。
シドニー市街は本当にアジア人が、特に中国人が多い。中国人と韓国人。日本人も少しいるが、中国人と韓国人の比ではない。
ホテルからチャイナタウンが近いからかもしれない。

それから、シドニーは思ってたよりも喫煙者が多い。けっこう街中でタバコを吸っている人を見かける。歩きタバコ。これはちょっとした驚きだった。先進国の中で一番喫煙率が高いと言われているのは日本だが、その日本は最近歩きタバコが規制されたりして街中で喫煙者をあまり見かけなくなってきた。シドニーではやたらと見かける。きっと肺がんCT検診が認知されれば一儲けできるかもしれない。

そうそう、シドニーは今は冬だが、朝は気温7度~8度ぐらい。空港も寒かった。しかし日中は20度ぐらいで、日なたにいるとちょっと暑い。が、日陰に入るととたんに寒い。

携帯電話ショップのNittelさんで申し込んでいた携帯電話を受け取る。その後Chic Educationさんから言われたとおりJEIC(ジェイス)さんへ。僕はstudent visaが間に合わなかったのでETAS(観光ビザ)で来てしまったので、student visaへの変更が必要。面倒なことは全部今日やってしまいたい、とJEICさんに頼んだら、1時間半ぐらいかかって全部手続きをすることができた。全部ネットでできるので、ようはJEICさんのところのPCを占有してやらせてもらったということになる。あとは健康診断の予約などを取ってもらったりして、あと住む場所の探し方など、一通りアドヴァイスをもらうことができた。
食欲が無かったので昼メシを抜いていたが、JEICさんのところでいろいろ話していると、なーんか、頭に血が行っていない感じ。やっぱりメシはちゃんと食べないといけない。特にこういう不慣れなことをやっているときは。
夕方にちょっとパンを食べて、それからラーメンを食べるべく夜のシドニーへ出かけた。なんと味千ラーメンのシドニー店を発見し、ここでとんとろラーメンを食べた。そんなに美味しくなかったが、メニューを見ていると定食やチャーハン、餃子など一通りなんでもありそうだ。ここに来ればとりあえず食事には困らないだろう。

7月17日
午前中、ANZ銀行へ。口座の開設は10時(半?)から12時までしかやっていない。台湾から来たというAndyというFund Managerがいろいろやってくれて、口座開設完了。その後携帯電話ショップ、それから飛行機のチケットの相談のためにトラベル共和国へ。
その後Redfern駅まで電車で行ってからUniversity of Sydneyまで歩いた。駅から大学まではだいたい10分ぐらい。中をすこし歩いてみたが、でかい大学だ。建物が古くてなかなか良い。画像はそのうちUPします。

special thanks to Chic Education
special thanks to AGOS
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
[PR]
by manakano1972 | 2008-07-17 10:14 | その他の留学ネタ | Comments(2)