<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
たのむよ!辞書。
2008年 09月 17日
こんばんは。Nです。
CETが始まってから9週目の水曜日になりました。つまり、2つめの5週間のうち、4週目です。予定している英語コースのうち40%がすでに終わろうとしています。時間が過ぎた割には上達していない気がするので、非常に恐怖を感じます。
以前も書きましたが、ふつうtest weekは5週目なのですが、なぜか今期だけ4週目にテストがあるということで、昨日listening、今日readingのテスト、さらに今日600wordsのessayの締め切りでした。
結局essayの準備で手一杯だったのでテストの勉強は全然できませんでしたが、そのテストは上手く行ったとは決して言えませんがそれほど大きな失敗も無かったはずで(と思っている)、とりあえず今日は一人お疲れ様会ということで、お気に入りのビールと安かったワインを飲みました。というわけで、ちょっと(ちょっと?)酔っ払ってこれを書いています。下の写真は、お気に入りのGuzman y Gomezのタコス、それからJames SquireのGolden Aleというビールです(二本並んでいるうちの左側)。このGolden Aleというビールはとても美味しいです。Bostonで飲んだ愛しのSamuel Adamsにとても似た匂いと味がします。今のところ私Nの一番のお気に入りです。

b0147248_22513963.jpg


さて、最近辞書を使ってもなかなか意味をつかみにくいことが多くてちょっと苦戦しています。僕が使っている辞書はXD-F6600という3年ぐらい前に買ったカシオの電子辞書で、このなかにジーニアス英和辞典が入っています。

今週はPsychologyがお題でして、Hikikomoriなんてのがどどーんとテキストに出てきます。これは日本の若者のいわゆる”ひきこもり”でして、素材はNew York Timesの記事からの抜粋です。人によっては10年以上もひきこもりしているケースもある、なんて話が載ってまして、中東の友人や中国の友人から、これはいったい本当なのか?なんでこんなことになっちゃうんだ?といろいろ質問をされました。やはりこの手のひきこもりの話は彼らにとっては本当に珍しいようで、特にサウジアラビアから来た医者は非常に興味を持っていたようでした。ちょっと興味深かったコメントは、香港から来てオーストラリアのinternational schoolの高校を卒業した女の子が、そうそう私のクラスにいた日本人は学校に来ても一言もしゃべらなかったわ!その人ひとりじゃなくて、他のクラスにもあと2人ぐらい日本人がいたけどその人たちも本当にしゃべらなかったわ!、と言っていました。海外のinternational schoolの人は苦労が多そうだと本当に思いますが、しかし彼らをそうさせてしまう原因はいったいどこにあるのでしょうか?本当に、根は深いような気がします。

さて英語の話に戻りますが、テキストにこんな例文が載っています。
Many of them were exposed to rote learning in cram schools.

roteは(不加算)名詞で、”機械的手順”(これしか辞書に載っていない)、
cramは他動詞で”ぎっしり詰める、(頭に知識を)詰め込む、詰め込み勉強をさせる”、自動詞で”詰め込み勉強をする”、名詞で”詰め込み勉強、ガリ勉、すし詰め、超満員”とあります。

というわけで、例文は
”彼らの多くは、詰め込み勉強の学校で機械的な学習にさらされている”ってなところでしょうか。
しかしこれにたどり着くにしても、roteが”機械的手順”の一言で説明が終わりなのはちょっと残念です。
ちなみにテキストでは、
They attended high pressure classes before and after school where they were expected to memorise information.
が対応する選択肢(正解)として載っています。ということはcram schoolとは塾のことのようです。

さらにこんな例文もありました。
Some mothers smother their children.

当然、僕はsmotherなんて知りませんから、辞書を調べます。
smother 他動詞
  1.~を窒息させる
  2.(火)を(~で)覆って消す
  3.(あくび)をかみ殺す、(感情など)を抑える、(事実など)をもみ消す、隠す
  4.~を(~で)厚く包む(覆う)、~に(~を)たっぷりかける
  5.(キスなどで)~を息もつけないようにする
  6.(料理)蒸し焼き(蒸し煮)にする
  7.~を溺愛する
  8.(球技で)(ボール、シュートを)止める
などと書いてあります。他に自動詞と名詞がありますが、ここではちょっと省略します。
次にテキストの中の選択肢の中で上の例文と対応するもの、つまり正解は下記になります。
They give them too much love and protection.

つまり、過保護、溺愛、ってなところで7.が対応しそうです。もちろん、お題がひきこもりで、親子の関係なんかを書いてあるところで出てくる文章なので、そういうバックグラウンドがあれば、推測できそうですが、しかし難しいです。ちょっとsmotherの意味が多すぎるよなぁ。。。

ちなみに同じ電子辞書の中のLongman英英辞典では、
  1. to cover the whole surface of something with something else
  2. to kill someone by putting something over their nose and mouth to stop them from breathing
  3. to express your feelings for someone too strongly, so that your relationship with them cannot develop normally
  4. to hide your feelings
  5. to make a fire stop burning by preventing air form reaching it
  6. to completely defeat someone who opposes you
と出ています。
まあ、1.の”全部覆っちゃう”ってのと2.の”窒息させちゃう”ってのを足して、死んじゃうぐらいに覆ってしまう、というぐらい愛する、ってとこで、過保護や溺愛にたどり着けそうですね。でもちょっとこれは道のりが遠い。。。

一番わからなかったのは、先々週のビジネスの話題で出てきた
exploitative policies
です。これはテキストの中の正解として
Policies which treat employees unfairly or unequally.
が対応するようです。exploitative policiesという単語は、確か、仕事がよく出来る従業員を不公平に、不平等に扱う(ひいきする)、なんていう文脈のところで出てきた(んじゃないかな)、と思います。

辞書を引くと
exploitative 形容詞 
  搾取的な、私的利用の
と出ています。これだけでは足りないので
exploitation 名詞
  1.開発、開拓、利用
  2.搾取、私的利用
  3.宣伝、売り込み
も調べてみましたが・・・
えーーーーーーーーーーーー、これじゃあ、従業員をunfairlyにとかunequallyに扱う、っていうニュアンスは、とっても薄すぎません?これじゃ、これじゃわかんないですよねぇ。
辞書もうちょっとがんばってよ!!!
頼むよホントに!!!

今日の一枚は、夜のGeorge Street、タウンホール&QVB(Queen Victoria Building)。たぶん一ヶ月ぐらい前に撮ったものです。

b0147248_22532676.jpg


唐突ですが、ちょっと飲みすぎたのかもしれませんが、この歳になってこんなにしっかりと勉強の時間、それから自由な時間を持てている幸せを、急に、感じてしまっています。

リヒテルのバッハを聴いています。いやぁいいですね。スタンダード中のスタンダードですが、大好きです。基本的にはバッハはやっぱりグールドなんですが、リヒテルのバッハは優しさにつつまれていて良いですね、グールドにない良さがあるような気がします。

今週は金曜日にwritingのテストが残っています。
それでは、また。

special thanks to Chic Education
special thanks to AGOS
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2008-09-17 22:54 | 英語 | Comments(2)
『「遅咲き」に寛容な社会へ』
2008年 09月 13日
この記事とっても面白いと思います。
「遅咲き」に寛容な社会へ


special thanks to Chic Education
special thanks to AGOS
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2008-09-13 19:32 | 日々の雑感 | Comments(0)
Study English? How?
2008年 09月 13日
こんにちは。Nです。
シドニーは昨日から急に暑くなりました。
今、Yahoo!7 Weatherで見たところ、現在31度!と出ています。つい2,3日前までは、やっぱり夜は寒くなるねなんて話していたんですが。。。でもまた来週には寒くなるのかもしれません。来週水曜日の予想最高気温は16度、最低気温は8度と出ています。

まあ、暑かろうが寒かろうが僕は勉強しないといけないので、今日は土曜日ですがUniversity of Sydneyの中のFisher Libraryという図書館に来ています。僕はまだCETの学生なのでFisher Libraryで本を借りたり備え付けのPCを利用したりすることは出来ないのですが、図書館に入って本を見たり机で勉強したりすることはできます。家にいると結局グダグダして一日終わってしまいますから、土曜や日曜は、特に用事がなければ、洗濯が終わったらできるだけ図書館にくるようにしています。

さて、6月まで勤めていた会社のカワイイ後輩から、いい英語の勉強方法はありませんか?とメールをもらいました。この質問は僕も会社に勤めていたとき幾度となくほかの人に聞いたり、あるいは自分自身に問いかけたものですが、勤めていると結局忙しいですし、日本だとみんな当然日本語をしゃべりますから、意識しないとなかなか英語に接することはできません。シドニーに来てCETに入ってはみましたが、それでも学校のMaria先生からは、できるだけ土日は街へ出てそのなかでnative speakerと英語で話しなさい。と言われています。(そういう意味では土日に図書館へ通うことはあまりよいことではないのかもしれません。)というわけでどこに住んでいても自分で意識しないと語学の勉強はできないのかもしれません。

僕は今でこそ学校のテキストなどで勉強していますが、もともと参考書や単語集などのマジメなアプローチは大変苦手なので(というか大嫌い)、日本にいたときはできるだけニュースやテレビ番組の動画、雑誌などから英語の勉強にアプローチするよう考えていました。なので、今日の書き込みも、まじめなアプローチではなくちょっと違う角度での勉強法といいますか英語に接する方法を考えてみたいと思います。

1. NHK外国語講座 テレビで留学
最近のNHK教育テレビの英語番組はとてもよく出来ていると思います。僕がよく見ていたのはこのColumbia大学(の、多分、付属英語学校?)の授業を夜11時ぐらいからやっている番組でした。これとってもいいと思います。

2. CNN
やっぱり動画がないと、僕はダメかな。ということで、CNNのニュースです。日本にいるときはNHK衛星放送でやっていた10分ぐらいのCNN番組を録画して夜にときどき見てましたが、僕が毎日やっていなかったこともあって、僕はあまり英語上達の効果はなかったような気がします。ですが、日本語音声→英語音声と二回、あるいは、英語音声→日本語音声→英語音声と三回聞くようにすれば、効果が出そうな気がしますが、どうでしょうか?
それから、動画ニュースがポッドキャスト配信されているようですので、これをつかって通勤の電車の中などで勉強出来るんじゃないでしょうか。僕も今トライ中です。

3. TIME
これは言わずと知れた英語の雑誌ですが、僕の学校(CET)の図書館に置いてあるのでときどきパラパラ見ています。なんとなくの印象ですが、News Weekよりも英語はとっつきやすいような気がしてます(気のせいかもしれません)。
ところで、この雑誌は年に一度”今年影響力のあった100人”というのを出していますが、これがなかなかとっつきやすくて面白いです。
The World's Most Influential People
というのも、普段のTIME誌は当然記者の方が書いているはずですが、この”100人”については記者ではなくその業界の著名人が文章を書いています。2008年版では、ブラジル人のサッカー選手Kakaの記事をアメリカ人のゴールキーパーが書いています。というわけで文章の素人が書いているわけですから、それほど難しくなく、入りやすいと思います。実は僕も今図書館から借りて読んでいるところで、自分で日本語訳してここのブログにUPしようと企んでいたのですが、テストやエッセイの締め切りが近づいてきてしまったのでまだ進めることが出来ていません。
ちなみに、日本人ではアーティストの村上隆さん、それから京都大学のiPS細胞の研究者山中伸弥教授の話などが出ています。ほかにも、トップでダライラマが、それからfacebookの開発者、マルチタッチスクリーン(iPod touchのスクリーンだと思うのですが)の開発者の話など、興味深いものばかりです。

4. The Nikkei Weekly
ラジオNIKKEI
シドニーに来てから見つけたもので、僕もまだ一度しか聞いていませんが、これはとっても良さそうです。Nikkei Weeklyという日本経済新聞社の英文週間誌の解説を日本語と英語をまぜて行っているラジオ番組?のようで、ポッドキャスト配信されています。ぜひNikkei Weeklyを買って、iPod片手に勉強していただきたいと思います。これマジでおすすめです。

5. Wikipedia
日本語のwikipediaは僕もしょっちゅうお世話になっていますが、ここはあえて英語のWikipediaを。
それから、wikipediaには(多分英語学習者向けだと思うのですが)Simple Englishという言語分類があり、平易な英語で書かれています。

6. auntminnie.com
自分の専門分野に関する英語文献を読むようAGOSの岡田先生というかたに薦められました(岡田先生の授業は本当によかったです。今僕がシドニーにいるのは岡田先生の授業のおかげです。ただし豪で一般的に求められるIELTSではなくTOEFL iBTの授業ですが)。私はMedical Imagingに関わる仕事をしていましたので、auntminnie.comのメールマガジンに登録して、ときどき苦戦しながら読んでいました。なかなか大変でしたが、悪くないと思います。

7. 英英辞典
僕は3年ぐらい前に買ったカシオのXD-F6600という辞書を使っていますが、英和、和英はジーニアス辞典ですが意味が載っていないことがときどきあって困ります。で、学校ではよく英英辞典を使うように言われるので僕もXD-F6600の英英辞典を使いますが、英和辞典に書いてある和訳が全然ちがうじゃーーーーん、ということが時々あります。というわけで英英辞典をメインで使うことをお薦めしたいです。でも僕はまだ英英辞典をメインに使えないので(さらに知らない単語に遭遇してしまうので)、僕自身は英和辞典で調べてそのすぐ後に英英辞典で調べる、というのをやっています(電子辞書だと早いので)。基本的には、英語の指導者はみな英英辞典を薦めますね。なのでここでも上げておきます。

8. アルク、英辞郎
有名なオンライン辞書ですね。僕も本当にお世話になっています。ここであらためて紹介するまでもないんですが。
ただ、ネットだとタダなのに、電子辞書だとやたら高い(今検索してみましたが定価:75,980円、アホか)。お店ではもうちょっと安いんでしょうが。残念です。

9. iKnow
以前はAGOSの会員向けコンテンツだったと思うのですが、iKnowだけ独立したようです。英単語学習者向けのウェブアプリケーション(今はSNSなんでしょうか?)です。英語は、最後はvocabularyが多い人が勝利するような気がします。
お薦めです。僕はやってませんが。。。

それから、Chic Educationさんの”(留学)出発前に英語力をつけておこう!”というページを参考までにご紹介させていただきます。

と、英語の勉強法というかお薦めの英語アプローチ法を書きましたが、僕が思う、英語/英会話の勉強の大きな分岐点は、”英語を話すのが異常に恥ずかしい”という状態から早く脱して、上手い下手は別として、話そうとすることに恥ずかしさを感じないという状態に早く到達することだと思います。約10年前になりますが、大学院生だった僕は8月の一ヶ月カナダの語学学校へ行きました。そこの僕のクラスで一番英語を話すのが上手かったメキシコ人の女性はぜんぶ動詞がisでしたが、その前後に配置されている単語はそこそこ正確なのでクラスで一番英語での意思疎通ができていました。逆に多くの日本人の学生はペーパーテストでかなりハイスコアを出す反面、恥ずかしさなのか、それとも文法が合っているのかどうか気になりすぎて途中で頭が一杯になってしまっているのか、話している途中で混乱してしまう学生ばかりでした。僕はそのメキシコ人の女性を見て、あ、多少間違っていても意思が通じれば第一段階としてはオッケーかもしれない(あくまで第一段階ですが)、と思い、それから正確さを欠いたとしてもがんばって話すように頭を切り替えました。それ以来、英語を話すときに恥ずかしくて頭が真っ白になってしまうことはかなり減ったと思います。

この手のことを考えるときにいつも思ってしまうことがあります。

 ・なぜ日本人はこんなに英語が苦手なのか?

昔ヨーロッパに一人で旅行に行ったときに、隣に座っていたパリの高校生の女の子と英語で会話をしました。昨年はペルーに行きましたが、マチュピチュ遺跡へ行く電車の中で隣の席に座ったブラジル人の高校生の女の子も英語を話しました。ベトナム旅行の途中でお世話になったガイドさんも英語を話していました。ベトナムのガイドさんは結構独学で努力したような話だったんですが、ブラジル人、それからフランス人の場合は「別に、普通に学校で勉強してたし」って感じでした。しかし日本人はあんなに学校で授業があるのに本当に英語を話しません。世界第二位の経済大国なのに、なぜなんでしょうか?もうちょっと教育システムが成果を出してもいいのではないでしょうか?2002年に日韓ワールドカップサッカーがありましたが、海外から来たサポーターに向かって日本人のガードマンが拡声器を使って「二列に並んでください、ニレツー、ニィー、ナランデェー、クダサーイ」などと妙な日本語を話しているのがニュースで紹介されていて悲しくなってしまいました。日本で生きていくだけなら英語は必要がない、という意見には僕も同意ですが、ワールドカップの観客の整理は明らかに英語が必要な仕事(だと僕は思います)のはずですが、なぜ?ナゼ?Why?なぜ英語を話せないガードマンをそこに配置するのだ。。。もちろん英語が必要と言ってしまうとガードマンの人数が足りなくなってしまうのでしょうが、そこは学生を動員するとか、いくつかの英語のせりふをマクドナルドの細かいマニュアルのように準備するとか、なんかできなかったんでしょうか?

もっといろいろ思うところはあるのですが、後日もうちょっと整理して書ければと思いますので、今日はこれぐらいにしようかと思います。
すいません、今日の書き込みは、なんだか、英語の読み書きの勉強と英会話の勉強の話がごっちゃになってしまいました。

さて、CETの授業は毎期が5週間構成だということは以前書きましたが、普通は5週目がtest weekなのですが、今期はなぜか4週目が、すなわち来週がtest weekです。しかも600wordsのエッセイの締め切りがテストの日と同じ日だなんて、ひどい!と思いますが、これから書きかけのエッセイを再開しようと思います。エッセイのお題は、
Urban living is seen by many people as a way to achieve a healthy lifestyle. In fact, urbanisation leads to the creation of health problems for the residents of cities in both developed and developing countries. Do you agree? Use evidence and examples to support your opinion.
です。
urbanisationは都市化ですが、ここでは特に急速な都市化、中国やアフリカなどで起こっている急激な都市化や都市の人口増加、一方で対応し切れていないinfrastructureによって引き起こされているhealth problemが問題です。
readingの授業で扱ったurbanisationに関する文献から自分の主張に合うポイントや例を抜き出してparaphrasing(言い換え、書き換えをすること。同じ意味の異なる言い回しを自分で考えて自分の言葉で書くこと)して書くように言われています。
それでは。

special thanks to Chic Education
special thanks to AGOS
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2008-09-13 14:55 | 英語 | Comments(0)
ラマダーン、オペラハウス、St Mary's Cathedral
2008年 09月 02日
「オレ、来週からラマダーンなんだよねー。」
とても学校の中での学生の会話とは思えませんが、これは先週末の僕のクラスの中での会話のひとコマです。陽気なリビア人の歯科医が笑顔で僕にそう話しかけてきたのです。

昨日9月1日から、イスラム教のひとたちはラマダーン(断食月)に入ったのだそうです。ラマダーンとは日本語で断食月と書きますが、日出から日没までのあいだ何も食べず何も飲まないのだそうです。一ヶ月のあいだ何も食べないというわけではなく、日出の前と日没の後は食事をするようです。
ラマダーンについては、Wikipediaの
ラマダーン
をご参照ください。
興味深いのは、『イスラム暦は純粋な太陰暦で、閏月による補正を行わないため、毎年11日ほど遅れ、およそ33年で季節が一巡する。そのため「ムスリムは同じ季節のラマダンを人生で2度経験する」と言われる。』のだそうです(上記のwikipedia記事より)。

しかし、なんとも言えない不思議な感じです。クラスメイトから、オレ今月ラマダーンなんだよね、なんて言われる日が来るとは思いませんでした。こんな意外なところで、ああ僕は日本を脱出してたんだっけ、と実感してしまいました。(シドニーと直接関係はありませんが。)

その友人の歯科医は続けて、ラマダーンは非常に体に良いのだということを僕に力説しました。宗教的な感覚として自分の中にパワーがみなぎってくるという感覚もあるようですが、医学的にも消化器系の臓器を休めることが出来て体にとって非常に良いことなのだそうです。アメリカ人の医者の研究レポートもあるのだと彼は言っていました。イスラム教のラマダーンの医学的効果をアメリカ人の医者が研究し発表するだなんて、なんともいえないミスマッチのように感じてしまうのは私だけでしょうか。(もちろん、アメリカ人にもイスラム教徒はたくさんいそうですから、その医者はイスラム教徒なのかもしれません)

さて、学校は7週目に突入しています。先週私は風邪を引いてしまったりしてあまり勉強していなかったので、今週はちょっとがんばらないといけないな、と思っているところです。
学校のほうは、先週はUrbanisation、今週はBusinessが題材です。
Urbanisation(Urbanization)とは”都市化”です。昨年、都市に住む人口が世界人口の半分を上回ったのだ、とMaria先生が教えてくれました。日本でも東京や大阪などの大都市圏への人口集中が問題となっていますが、世界的にはそれを上回るペースでUrbanisationが進んでいるようです。授業で出てきたネタとしては、急激に経済発展を遂げる中国の例として重慶(Chongquin)の例、それからアフリカ、Nigeriaの首都Lagosの話が紹介されました。

それから、先々週にExcursion(遠足)があったことをちょっとだけ書いたと思うのですが、先週はなんとSydney Symphonyのディスカウントチケットが学校(CET)にあるということで、買って聴きに行ってきました(8/28)。世界遺産のオペラハウスでSydney Symphony、一人$20です。NHK交響楽団の学生チケットは僕が大学生のときは1500円でしたが、今も1500円なのでしょうか?渋谷まで行ってブラームスやマーラーを聞いたのがなつかしいです。
さて、Sydney Symphonyのプログラムですが、前プロがSculthorpeという人の「Mangrove」という曲(”伊勢の海”という日本のメロディが出てきます。演奏終了後に作曲者本人がステージに上がってきました)、中プロがKorngoldという人のヴァイオリン協奏曲(初めて聴きましたがまあまあ良い曲でした。Arabella Steinbacherというヴァイオリニストの演奏がとても良かった)、そしてメインプログラムがスメタナの組曲 我が祖国より、Vysehrad(日本語名がわかりません)、モルダウ(Vltava)、シャールカ(Sarka)の三曲。席が前から10列目だったのであまり響きがよくわからなかったので、ホールの評価もオーケストラの評価もあまり大きく書けませんが、なかなかいい演奏だったのではないかと思います。

その後友人と、オペラハウスとCircular Quay駅の間にあるOpera Barというお店で一杯飲んで帰りました。

下は、別な日に撮ったオペラハウスです。

b0147248_2324167.jpg


と、いつもならこうして写真を掲載して書き込みも終わるところですが、今日はもうちょっと写真を載せようかなと思います。(Chic EducationさんのNews Letterに紹介していただいた記念!)
今のところ、シドニーに来て一番気に入っている場所は、、、OECさんのカツカレーがあるSussex Centre内のフードコート、、、と思いきや、実はSt Mary's Cathedralです。実は私Nは、クリスチャンでも何でもありませんが、こう見えて教会や神社仏閣を見に行くのが好きでして、このSt Mary's Cathedralもなんかキレイで良いんですよねー。下の写真は先週の日曜日(8/24)にSt Mary's Cathedralで撮ったものです。この後Circular Quayまで歩いて夜景を撮って、手ぶれしまくってしぶとく何度も撮り直して、なのに上手く撮れたものは一枚もなく、翌日発熱、さらにその翌日に学校を休むことになるのでした。


b0147248_23285857.jpg


b0147248_23305070.jpg


b0147248_23334064.jpg


あぁ、デジタル一眼レフが欲しい。K100Dを下取りに出さずに持ってくればよかった!
今度日本へ戻ったときには絶対買います。

special thanks to Chic Education
special thanks to AGOS
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
[PR]
by manakano1972 | 2008-09-02 23:44 | 語学学校の話 | Comments(3)