<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Australian Chamber Orchestra, City Recital Hall Angel Place
2008年 12月 03日
こんばんは。Nです。
来週のテストに向けて、勉強も佳境を迎えています。
そんなわけでしばらく更新のスピードが遅くなりますが、ごめんなさい。

とだけ書いて今日の書き込みは終わりにしようと思ったんですが、やっぱりもうちょっと書きます。
11月下旬に聴きに行ったAustralian Chamber Orchestra (ACO)の演奏会は本当に良かったです。
プロコフィエフの古典交響曲、ブラームスの二重協奏曲、ベートーベンの8番というプログラム。もともとACOの演奏会はいつか行こうと狙っていたんですが、なんとブラームスの二重協奏曲!ということで迷わずこれのチケットを買っていました。
実際の演奏はというと、音楽監督のトネッティさんがソロヴァイオリンを弾きつつ、ときどき指揮もしたりしていまして、ときどき「あぁもっとソロに専念してくれれば」と思うところがないでもないですが、全体としては大満足。このオーケストラの持ち味である、こじんまりした室内オーケストラが一体となって作り出す躍動感あふれるサウンドに酔いしれました。
ホールについてですが、シドニーの音楽ホールはとかくオペラハウスばかりがフォーカスされる傾向にありますが、どうもオペラハウスは響きがイマイチで、音楽ファンにはいま一つお勧めできません。そこで今回のホールなわけですが、ちょっと小さいサイズですが、City Recital Hall Angel Placeというホール、大変良かったです。サイズとしてはお茶の水のカザルスホールとか府中のウィーンホール程度ですが、程よい響きが心地よいです(しかも響きすぎない)。座席は三階まであり、クラシックファンには2階か3階をぜひお勧めいたします。

大学一年の時にオーケストラの部室で夜な夜なマサミサンという先輩に聞かせてもらった、クレーメルとマイスキーのブラームス二重協奏曲Johannes Brahms: Violin Concerto; Double Concerto(このCDはヴァイオリン協奏曲とのカップリングでの再発売のようです)を思い出し、次の日探し回ってしまいましたが見つけられず。。ちなみにシェリングとシュタルケルのを見つけたので買いました。

ACOは来年はチャイコの弦楽セレナーデとかやるみたいです。チケット買わないと。。。

シドニーはずっと涼しいというかちょっと寒いぐらいの天気でしたが、ついに天気が良いシーズンが到来したようです。
では。

PS. どりんかーズ室内合奏団 第7回演奏会をよろしくお願いいたします。12/21に、東京都武蔵野市のスイングホールという場所で開催されます。


special thanks to Chic Education
special thanks to AGOS
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2008-12-03 19:47 | シドニー生活 | Comments(0)