<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
150 years of the Great Hall
2009年 09月 26日
こんにちは、Nです。
今朝も軽いdust stormだったようです。朝方はぼんやりオレンジがかっていましたが、10時過ぎぐらいからは、風が強いものの、青空がのぞいています。
ある友人が昨夜飲みすぎたらしく、今朝がた起きた時は外がオレンジ色で「飲みすぎて目までおかしくなったのか?」と思ったそうです。アホや・・・。

明日27日はUniversity of SydneyのGreat Hallという建物が150周年のようで、イベントをやっているようです。

University celebrates 150 years of the Great Hall

僕は、international student向けの入学オリエンテーションのときにGreat Hallに入ったことがあります。そのときのことはこちらにUPしています
下は昨年11月に撮ったQuadrangleです。Great Hallはシドニー大学の中で最初に建てられた建物のようですが、現在はQuadrangleの一部になっています。
b0147248_11101249.jpg


気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-09-26 11:11 | 専門の勉強、大学院の話 | Comments(0)
Life on Mars ? The end of the world ?
2009年 09月 23日
こんばんは、Nです。
シドニーには夕方にcityの駅などで配られるmxというフリーペーパーがあるのですが、今日のタイトルは "Life on Mars" でした。

b0147248_21524897.jpg


今朝起きた時には、部屋の曇りガラスの向こうが異様に赤くて、最初はどこか近くが火事になっているんじゃないかと思ってしまいました。
朝8時に友人と待ち合わせがあったのでcityへ向かいました。下の写真はGeorge StreetからCentral駅のほうを向いて撮ったものです。朝8時15分ごろです。

b0147248_21535043.jpg


今日のシドニーは、内陸部で巻き上げられた砂ぼこりによるdust storm(砂ぼこりの嵐)でした。この影響は昼ごろまでありましたが、午後には晴れて青空が戻ってきました。
しかしなんとも異様な光景で、Life on Marsと言われても納得ですし、”世界の終り”と言われてもなんとなく納得できそうな、特に朝方は恐ろしさを感じる風景でした。
時事通信のサイト
9msnのサイト(写真多し)

しかしながら、友人たちと僕はそんなdust stormにも負けず、シドニー観光へ出かけてみました(だって、せっかくのシルバーウィークにがんばってシドニーまで来てくれたんだもん)。下は、ボンダイビーチで撮った写真ですが、残念ながら初代iMacのようなBondi Blueを見ることはできませんでした。(写真を撮ったのは、午前11時か11時半ごろだったと思います。)

b0147248_21573177.jpg



面白かったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-09-23 22:00 | シドニー生活 | Comments(2)
雑談。日本はダメなのか?
2009年 09月 20日
こんばんは、Nです。
シドニーは今日はマラソンがあったようで(TBS NEWSi)、それから来週の日曜日はなにか自転車のレースがあるようです。
今日は夕方ちょっとだけ雨が降りましたが、しかし連日いい天気です。去年の9月に比べると今年は気温は高いし雨は少ないしで、ちょっと不思議な感じです。何人かシドニーに長く住んでいる人たちに聞いてみると、今年のほうが普通でむしろ去年の寒さや雨の量が異常だった、という答えが多く帰ってきます。
ふと、ひょっとしてEl Nino現象と関係があるんじゃないかと思い立ち検索をしてみたところ、REUTERSの今年の8月の記事でオーストラリアの気象局がEl Nino現象の”発達”を指摘しているという記事を見つけました。El Nino現象の年はオーストラリアは干ばつになる可能性があるようです。今年はオーストラリアは水不足になるかもしれませんね。語学学校にいた時は、水不足がひどいと水道の利用に制限がかかるような話も出てきていたのですが、実際のところはどうなるのかちょっと心配です。

さて、最近はassignment(宿題)に悩まされる日々を過ごしています。assignmentを提出すると一息つけるわけですが、そんなときはふと何も決まっていない修士修了後に対する強烈な不安感に襲われてしまいます。結局のところは中途半端に悩んでも答えは出ないので、できるだけ考えずに他の講義の復習とか次のassignmentの準備に頭を使うように心がけているんですが、なかなかそうもいかないときにはいつものyoutubeへの逃避や他の留学しているかた、海外に住んでいらっしゃるかたのブログなどを読んで気分を変えるように努めています。
そんななかで、面白い記事を見つけたので下記に紹介したいと思います。

ひとつめはフランスの日々というブログの、”日本色の付いた技術ではもう世界で勝てない”というエントリ。日本国内向け製品への要求と、日本以外の世界市場向け製品への要求に最近大きな乖離が見られ、日本のメーカーはひとつの製品を作る場合に世界向けと日本向けの二種類の製品化をしなければならずこれに時間と手間をとられてしまっている、という話は僕も以前から知っていましたが、これに「ガラパゴス化」という名前がついていることは知りませんでした。簡単に説明すると、日本では、例えばハードディスクがついていて好みの番組を勝手にジャンジャン録画してくれたりする便利機能が搭載されている薄型テレビがあったりして、日本で人気があったりするわけですが、海外では「難しいことはよくわかんないけどデカくてキレイで安い薄型テレビをちょうだい」となり、そういった商品群の中で値段が安いものが売れるわけです。というわけで、日本ではsophisticatedな凝った製品がビックカメラにたくさん並んでいるわけですが、海外ではシンプルでデカくて安いSAMSUNGやLG電子のテレビが売れる、という構図が出来上がります。このような構図が日本のメーカーに不利に働き、さらにブログの著者は「外国人は日本の技術が嫌い」という心理もあることを指摘されていますが、そのような構図の中で日本の技術はもう世界で勝てないと書いていらっしゃいます。携帯電話のように日本国内だけで激しい競争をした結果、日本市場と、それよりもロースペックの日本以外の海外市場が分離してしまい、日本以外の市場で日本メーカーが(技術的に優れているにもかかわらず、あるいは凝った造りであるがゆえに)大苦戦を強いられる、という「優れているのに負ける」現象が起こっているというのは、技術立国を目指す日本としてはなんとも皮肉な話です(携帯電話の場合はほかに規格の話などもからむと思いますが)。著者は「日本語を捨て英語の仕様書を」と書いていて、これは実際にはなかなか難しい気がしますが、日本がこれから中国に飲まれずにアイデンティティを保ちながら存在し続けるためには大変に重要な発想だと僕も思います。日本は、1億人程度の適度なサイズの市場が”内”にあり”外”に出る必要がなかったのか、それとも洗練された独自の文化を極度に大事にしてきたせいなのか、今この世界的不況の中で、文化的にはほぼ自国で閉じているが経済としては諸外国にモノを買ってもらわないと困る、という、同じ先進国であるアメリカやヨーロッパの国々とはちょっと違った形の悩み方をしているわけです。しかも、日本語の独自性と日本人の英語に対する苦手意識がますます日本の孤立を加速してしまっている気がします。僕が非英語圏の国を留学先として選ばなかったように、他の多くの国の学生も留学先として日本を選ばないでしょうから、日本の優れた技術は、せっかく優れているのに世界へ広がる可能性を減らしてしまいます。

ふたつめはOn Off and Beyondというブログの、海外で勉強して働こうというエントリ。
   ” これまでずっとなるべく言わないようにしていたのだが、
     もう平たく/明快に言うことにしました。
       1)日本はもう立ち直れないと思う。
     だから、
       2)海外で勉強してそのまま海外で働く道を真剣に考えてみて欲しい。 ”
というなんとも激しいコメントから始まるこのエントリ、これ以降もなかなか激しい内容が続きます。僕としては、共感できるところも、共感できないところもあります。日本の将来像の”ベストケース”として挙げられている将来像は僕はむしろこれを目指すべきだと思いますし、brain circulationという考え方(私は知りませんでした)も日本の閉塞感漂う社会、特に企業社会に良い影響を及ぼすような気がします。もっともこのbrain circulationは留学した人が日本に戻ればの話で、以前僕のブログで紹介した「遅咲き」に寛容な社会へという記事にもありますが、今の日本は「頭脳流出の深刻な事態に初めて直面している」らしく、このブログの著者のかたは「むしろ出ろ(流出しろ)」と言っているわけです。

もともとこの海外で勉強して働こうというエントリは、前出のフランスの日々の中の日本はもうダメだ論と日本の優秀な人材というエントリからのリンクをたどって読んだものでして、こちらもなかなか興味深いものでした。「日本はもうダメだ論」という言い方もとっても面白いなぁと思ったんですが、この「日本はもうダメだ論」というような論じられ方は多いですし、特に日本から海外に出た人たち(100%ではないですが)に多く見受けられる傾向があります。僕自身は今でも日本はすごい国だと思っていて、日本のハイブリッドカーや太陽光発電などの技術は世界を救う可能性があると思っていますが、その一方ではみだしものや”出る杭”を排除しようとする傾向、重箱の隅をつつくようなつまらないミスの指摘ばかりでgrand designを語らない傾向(これは僕が前に勤めていた会社だけかもしれませんが(笑))のなかで、「あぁ海外に出たい」と思ってしまって今に至るわけです。

ただ、やはり自分は日本人だし、日本食は好きだし、日本の焼酎も好きだし、両親や多くの友人たちは日本に住んでいるので、僕は今海外に脱出していますが、しかし日本には良い国になってほしいんだよなぁ、と思っています。

大学院修了までに1年を切ってしまい、その後の身の振り方があまりにも見通しが悪く、その不安感にさいなまれて書き始めた今回のエントリですが、よくわからないまま「日本には良い国になってほしい」なんてコメントに着地してしまいました。
修了後の身の振り方については実はけっこう悩んでおりまして、まあ悩んでもしょうがないのですが、もしブログにアップできるぐらいにキレイに頭の整理がついたら、このブログにアップしたいと思っています。そのときはどなたかコメントをいただけると嬉しいです。

最後に、YouTubeで見つけた日本のカッコイイCMと面白いCMを。

(壮大なスケールを表現しながら、最後に日常の中の口笛で終わらせるあたりがとってもシビレます)


(イワオかっこいい!)

日本はいい国なんじゃないかと思います。
(あれ、僕やや「日本はもうダメだ論」派だったはずなのに。。。)
では、また。


気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-09-20 21:53 | 日々の雑感 | Comments(2)
ついに、シドニーに地下鉄が?
2009年 09月 11日
こんばんは、Nです。
最近、学校に行く途中でこんなものを見つけました。
b0147248_22384944.jpg


なんと、Sydneyに地下鉄を作る計画が進んでいるようです。いいじゃないですか。
上の画像は、そのための予備調査、環境や地質の調査のようです。
地下鉄のウェブサイト SydneyMetro

そもそもSydneyはこんなに大都市なのに、ちょっと交通の便が悪すぎます。Strathfieldなど電車の便がいいところは極端に便利ですが、他は、電車一本来るのに15分も20分も待つようなところがたくさんありますし、バスもずっと来ないと思ったら3台も4台も連なってきたりするし。僕も来てすぐのころはちょっとショックでした。オーストラリアのおおらかな感じは好きでしたが、交通機関もおおらかにされると困ります。ただでさえ一時間に3~4本しか電車が来ないのに、さらにdelayも頻繁にあったりして。
そういえばBrisbaneも電車の本数はけっこう少なかったです。3月に友人の家に行ったときは確か駅で20分か30分か待たされました。

SydneyMetroは開通の予定はまだまだ先のようですが(CBD Metroというのが2015年の予定、West Metroというのは調査の日程しか出ていない)、シドニーに地下鉄ができてもっと交通が便利になったらいいですね。学生にとっては住む場所のチョイスが増えて良いと思います。シドニー大学の近くにも駅が計画されているようですし。

せっかくなので、交通機関のウェブサイトのリンクを。
   電車 CityRail
   バス Sydney Buses
   路線、乗り継ぎ案内 Transport Info (131500.com)
ちなみにバスに乗りたい時は、手を上げるなりしてドライバーに意思表示をしないと、そのまま素通りして行ってしまいますのでご注意を。

下は、School of Physicsの目の前のグラウンドで、朝にサッカーしていた男女。女の子は裸足でボールを蹴っています。なんだかさわやかで良い風景だなぁと思ったので。
b0147248_23141627.jpg


最近あまり学校の授業のことを書いていませんが、宿題に苦しむ毎日です。しかしネタはspecificな専門的なものばかりで、しんどいですがここががんばりどころだと思っています。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-09-11 22:47 | シドニー生活 | Comments(2)
Number736号
2009年 09月 09日
おはようございます、Nです。

昨日はやたら眠かったので10時前に寝てしまいました。おかげさまで、久しぶりにたっぷり睡眠を取ることができました。

さて、紀伊國屋シドニー店のことはこのブログにもときどき書いていますが、昨日夕方にまた行ってきてNumber736号を入手しました。

紀伊国屋シドニー店で買う日本の本は高いのですが、どうしても欲しいものがあるときや、迷ったり待ったりしているのはあまり良くないと思う時には、日本での値段の3倍ぐらいするのですがここで買ってしまいます。ちなみに、本が欲しいがあまり急がないときはamazon.co.jpから買っていて、これは何冊も買えば紀伊国屋シドニー店よりも格段に安く入手できることになります。

さて、Number736号です。
日本では先週の木曜日9月3日の発売でしたが、紀伊国屋シドニー店さんには昨日到着となったようです。紹介ウェブサイトのほうは、今週来週のうちは(つまり最新号であるうちは)こちら、来週以降は恐らくこちらになると思います。

Numberの今回の企画を最初に知った時は、正直、同じ文藝春秋から出る「夢をかなえるサッカーノート」という中村俊輔の本の宣伝をよくもまあ大々的に、と思ったのですが、しかしコンテンツを見てこれは買わなければならないと思ってしまいました。スポーツはサッカーしかわからない僕ではありますが、多くの名言がありずっと注目している知将野村監督の「野村ノート再考」をはじめとして、スポーツ選手のノート、それから少しのページではあるが記者のノートの紹介もあります。もう少しコメントを上手くなってほしいですがしかしそのひたむきさには非常に魅かれるテレビ朝日の前田有紀アナのノートも。昨日は中村俊輔のところと野村監督のところを部分的に読んだだけで寝てしまったが、しかし唸ってしまう名言がつまっていました。この手のノートは、人に見られると恥ずかしい、自分を鼓舞するための言葉が多く記されている場合があってなかなか公表されないものですが、しかし読んでみて、いやぁ、自分もノートを書かなければいけないなぁ、と思いました。実はブログを書き始めたきっかけはこういった日々感じたことを毎日記していきたいと思っていたからなのですが、いざ始めてみると、なかなか恥ずかしすぎて書けないことが多いのです。ということで、(僕は影響されやすいので(笑))今日から早速ノートをつけようかと思っている次第。

実は、今までに2度ほど、ノートをつけていたことがありました。
一度目は、小学校のサッカーチームにいたときのサッカーノート。そのチームは岩手県の某市の少年サッカーチームで、全体練習は土日しかありませんでした。ノートには、月曜日から金曜日までの個人練習の内容をメモして、それから遠征や練習試合での自分の反省を書いて、毎週監督に提出していました。土曜日に提出し、日曜日に監督の朱書きのコメントが入って返してくれる。(余談ですが、この少年サッカーチームでは、直接お会いしたことはないのですがヴィッセル神戸の三浦俊也監督の後輩になります。監督就任後は今のところ負けなしのようで、ぜひこのままJ1残留して欲しいです。)
二度目は、20代のときの(一回目の)大学院入試の前3ヶ月か4カ月ほどの間。自分の大学にちょっとした失望を感じていたので、どうしても他の大学院に入りたくて、毎日、院試のための勉強を今日はどこまでやって、どこができなかったか、実際にこの問題が出たら解けそうか、という具体的な勉強内容に始まって、自分は大学院で何をしたいのか、この大学の研究室ではなにを研究しているのか、などなど。書いているとなかなか頭の中がクリアーになってきたのを覚えています。

というわけで、Number736号おすすめです。

では、今日はコンピュータにサイコロを振ってもらうためにcomputer labに行ってきます。

Good day.

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-09-09 07:30 | サッカー社会学 | Comments(2)
久しぶりのYouTubeへの逃避
2009年 09月 01日
こんばんは、Nです。今日2回目の書き込みです。
ビール飲んで寝ようと思っていたんですが、軽い頭痛がするもののすっかり眠気がどこかへ行ってしまいました。

いろいろネットを見ているうちに、今日本では「20世紀少年」の最終章が公開になっていることを思い出し、あぁ見たいなぁなんて思いながら、そのまま昔見た映画のtrailerを探してYouTubeで見始めてしまいました。last emperorやlittle buddhaなどベルトルッチもの、2001年宇宙の旅、クレイマークレイマー、Rain Man、レニー・ゼルヴィガーが若くてかわいいエージェント(Jerry Maguire、しかしどれも古いなー!)、大好きなseven years in tibet、2046、北野武ものなどなど見ていて、ふと、ちょっといい映画を思い出しました。

The Other Final
2002年日韓ワールドカップの決勝と同じ日に、FIFAランク最下位と下から2番目のチームが最下位決定戦をするという企画のドキュメント。面白いです。深いです。根っからのサッカーファンなら絶対好きです。


AMADEUS
1985年のアカデミー賞作品賞を取った映画。trailerには出てきませんが、映画の終盤にモーツァルトがレクイエムを作曲するシーンは世紀の名曲ができる過程を描いている(もちろんフィクションですが)とともに、新しい才能が古いものを凌駕する強烈なシーンでもあります。(友達には「またかよ!」って言われそうですが(笑))


Elizabethtown
もう4年ぐらい前になりますが、海外出張が多かった時期にアメリカでやっていて、その後日本でDVDを見て好きになりました。アメリカをドライブしたくなります。


しかし、こうして改めて映画を探そうと思ってみると、意外に出てこない。歳ですかね。

あ、村上龍の小説を映画化した69 sixty nine、これチョー面白いですよ。まだ見ていない人はぜひ。マジで。


花とアリス
これ以外にも岩井俊二作品は好きですね。オーストラリアからは絶対に出てこない才能のような気がします。


最後に、映画と全然関係ないんですが、これ、Glenn GouldのOn the record / Off the recordじゃねーか?

Glenn Gould最高。

いいかげん寝ます。明日からまた精進します。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-09-01 23:42 | 日々の雑感 | Comments(0)
眠い。
2009年 09月 01日
こんばんは、Nです。
たいして知らないのに政治のことなんぞ偉そうにブログに書いたりなんかしてたから、assignmentがぎりぎりまで終わらず、昨夜は2時間睡眠。
アホや。
偉そうなこと語るヒマがあったら、自分の足元をしっかりせぃ、ちゅうことやな。

あー、ねむてー。
寝よ。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓

special thanks to Chic Education
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, CBS 60 MINUTES
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
check weather at Yahoo!7 Weather Sydney, NSW
[PR]
by manakano1972 | 2009-09-01 20:59 | 日々の雑感 | Comments(0)