Thank you Sydney, Goodbye Sydney.
2010年 12月 22日
こんばんは、Nです。

まるで、小学校の夏休みに毎日書かなければならなかったはずの日記を8月31日に全部まとめて書こうとしているような気分です。習慣とは大事なんだな、継続って大事なんだな、と思いつつ、ブログをUPしなかった日々を思い返しています。
この人この人この人や、まだまだがんばるこの人のように、ちゃんとコンスタントにブログをUPし続けている人たちにはほんとうに頭が下がります。ブロガーたるもの、そうあるべきです。

さて、もうどこから書こうか悩んでしまうほど時が経ってしまいました。そしてその間にいろいろなことが起こりました。そしてそして、この文章は、日本へ向かう飛行機の上で書いています。某SNSサイトに “Thank you Sydney, Goodbye Sydney” なんて別れのメッセージを書きこんでから12時間ほどが経ち、今、客席前方のモニターはこの飛行機がフィリピン海の上空を飛んでいることを示しています。

僕はNumberという雑誌が好きで、この雑誌がサッカー特集をするときはシドニーでもほぼ毎回買っていました。引越しの準備をしているときに、英語の本は教科書以外はあまりないのに、やたらと日本語の本、特にNumberが多いことには自分でもあきれてしまいました。“越境秘話”とか“越境最前線”、“海を渡った日本人”なんてタイトルのものは特にお気に入りで、自分もいつかああなりたい、と、まるでどこかのサッカー少年のように、強い憧れを抱いていました。サッカー以外のスポーツはほとんどわかりませんが、野茂や田口壮などの記事もよく読みました。

もちろん、誰しもが成功するわけではありません。1年で帰国してしまった名波や小笠原、柳沢、越境してから残念なことにその知名度を少しずつ落としていった広山望や福田健二、逆に海外で成功したものの日本に帰ってきて大きく調子を落とした高原直泰など、“越境”には大きなリスクが伴います。しかし、それでも異なる文化圏へ飛び込んでいくサッカー選手たち、そしてそこで待つ新鮮な日々のできごとは本業の中でも、本業以外の場面でも大きな刺激となって人間を一回りも二回りも成長させている、そんな経験を僕もしたいと思っていました。

そして、サラリーマンを辞めて渡豪してから2年半が経ち、ついに帰国に至りました。
博士課程へ進学したいと思ってみたり、またオーストラリア国内での就職の可能性や永住権取得も調べましたが、現在の自分にとって、手の中にある選択肢の中では最善と思われた、日本での就職を選びました。
8月下旬に修士論文を提出し、9月中旬にその発表プレゼンテーションをしてからは、学会誌への投稿と職探しという二つの大きな目標を掲げ、学生ビザを延長してさらに3ヶ月ほどシドニーに滞在しました。幸いなことに学会誌への投稿は一応の準備が終わり(もちろんacceptされるかどうかなんて全くわかりませんから、もちろん載らないかもしれません)、就職先も見つけることができました。

日本での就職が見つかったことは本当にラッキーでしたが、平行してトライしていたオーストラリア国内での就職の面接は今振り返るとエキサイティングなチャレンジでした。そのときはもう口から心臓が飛び出てくるんじゃないかと思うほど緊張して夜も眠れなかったのですが、Aussieの友人やかつてのホストファーザーに面接練習の相手になってもらったり、大学の友人たちと情報交換したり、入手した情報を元にモデルアンサーを作ったりするなかで、授業の内容を振り返ったり、自己アピールについて考えたり、はたまた日本とオーストラリアの違いを強く感じたりと、緊張していたものの非常にエキサイティングな日々でした。

さて、帰国を前にして、いつもお世話になっているこの人をはじめとした多くの友人たちとのfarewell dinnerが何度かありましたが、シドニーでの“最後の晩餐”(笑)は、かつて一緒にフラットをシェアしていた日本人シェフの家族の家に招かれました。その日本人シェフは、すでに家族でオーストラリアに永住している韓国人の女の子と昨年結婚して、シドニー郊外にある奥さんの実家の近くに現在は住んでいるのですが、最後のdinnerはその奥さんの実家に招いていただきました。翌日(今日)の出発が早朝4時と早かったので、せっかく呼んでいただいたのに1時間半ほどしかご一緒できなかったのですが、“韓国風”生春巻きのディナーをいただきました。そのご家庭は敬虔なクリスチャンの一家なのですが、家の中はきれいなクリスマスツリーが飾ってあり、ステレオからはクリスマスキャロルのCDが流れていました。壁には一面に家族の写真、それから僕のシェアメイトだったシェフとの結婚式の写真が飾ってありました。なんともいえない、家族愛にあふれるご家庭のディナーに呼んでもらい、素敵なシドニー最後の夜を過ごしました。

そのdinnerの最中、元シェアメイトの奥さんから「日本に帰ってしまったら、シドニーの何を一番恋しくなると思う?」と聞かれました。
うーん、と、ちょっと考えてから、オーストラリアのビール、と答えました。
あ、それから、1月を除いて年間ずっと温暖な気候、ぬけるような青空、と答えました。
しかし、その後もこの質問が頭から離れず、飛行機を待つ間も飛行機に乗ってからも、この質問のことを考えていました。

もっと時間が経つとまた違った答えが思い浮かぶかもしれませんが、今なら、Newtownへ抜ける大学の裏の門、と答えます。

b0147248_2334174.jpg


この門は、大学の物理学科の校舎からNewtownへぬけるときには必ず通る門です。クラスの友人たちとNewtownへランチを食べに行ったとき、Newtownで友人とビールを飲んだとき、それから論文を書いていたころ夜9時や10時ごろにタイレストランへ一人夕食を食べに行ったときなど、幾度となくこの道を通りました。特に論文で苦戦していたとき、この道を歩きながらひとりで見上げた満月は今も忘れることができません。

さて、いろいろと書いている間に飛行機はかなり日本に近づいてきました。もうちょっとしたら電子機器の電源を切るようアナウンスがあるはずです。そんなわけで日本に戻ってしまいますが、いくつか留学を振り返っての記事を帰国後にUPしたいと思っています。

留学は終わってしまいますが、人生(=旅)はまだまだ続きます。それでは、また。
Bon Voyage.

気に入ったかたはクリックを→人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
オーストラリア留学の窓子どもブログランキングへ

special thanks to Chic Education, check Sydney weather at weatherzone
you need books ! at KINOKUNIYA BOOK STORES OF AUSTRALIA in Sydney
special thanks to インターネット・セミナー by 高田健次郎先生, EMAN物理学
study with SPACE ALC, 英辞郎 第四版, smart.fm, Ten News
special thanks to Drinkers Chamber Orchestra
by manakano1972 | 2010-12-22 23:06 | 日々の雑感
2022年のワールドカップ開催地決定 >>